俺の隠れ家 ブログ ダラダラ書いてます

movabletypeの最近のブログ記事

忍者おまとめボタンでを設置してみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

feature_img_1.png

zenbackに続き忍者おまとめボタンを設置ました。

忍者ツールズ

設置位置は記事タイトルの下
zenbackは個別記事だけに表示されるようにしましたが、忍者おまとめボタンはブログ記事の一覧にも表示されるようにしました。
設置位置をタイトル下にしたのは記事下のzanbackにもSNSやtwitterへのシェアボタンが付いているので、タイトル下にしました。

アクセス解析も付いているので、ページビューとボタンのクリック数を把握することができます。

zenbackと違って他のサイトへ表示されないので、アクセスアップには直接関係ないですが見た目も今風になるし簡単なので設置してみました。

そろそろmovabletypeのテーマを弄りたいのです

zenbackを設置 関連記事の表示とアクセスアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

wordpressでは関連記事の表示はプラグインで簡単に出来ましたが、movabletypeでは難しそうだったのであっさり外部サービスを使うことにしました。
選んだのはコレ zenback

http://zenback.jp/_p/images/text-lead.png?v=3b2db

登録はメアドがあればすぐに完了

関連記事の表示がされるまでしばらくかかりますが、非常に簡単です。
あとzenbackを設置している他のユーザーのブログ記事へのリンクとzenbackが選んで掲載するTwitterのつぶやきが表示されます。
これを設置するだけでなんか華やかな感じになりますね。

ネット上では「うざい」との評判もありますが、他のユーザーのブログ記事が表示されるということは、自分のブログ記事も誰かのzenbackに表示されて、結果的に自分のブログのアクセスアップに繋がる可能性があります。

設置はブログ記事の個別ページ
ブログ記事の一覧にも表示しようかと思いましたが、それではネットの評判通り「うざい」感じになるので却下
これでしばらく様子を見てみます。

初めて使うのでどの程度アクセスアップに効果があるかはわかりませんが、やらないよりはやったほうがマシという事で設置しておきます。

効果があればいいな

MT5の記事にテンプレートタグを埋め込むには フォーマット:なし を選択

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もmovabletypeを弄ってます

GoogleMapsCustomFields を記事内に埋め込むときにちょっとハマったので自分用の備忘録として書いときます。

MT5のTinyMCEでフォーマット:リッチテキストのままテンプレートタグを埋め込むと、$ が自動で変換されてテンプレートタグがうまく機能しません。

そこで調べていると参考になる記事が

Mobable Type 5 MTタグをエントリー(ブログ本文)に埋め込む【mteval】

フォーマット:リッチテキストのままだとテンプレートタグが記入できないようです。

上記の参考記事を元に無事にテンプレートタグを埋め込むことができました。

>

Extend TinyMCE でエディタをカスタマイズする

| コメント(0) | トラックバック(0)

ExtendTinyMCE.png

今日もMovabletypeを弄ってます。

wordpressから乗り換えたものからすると、movabletypeのリッチテキストエディタはちょっと物足りないんですよね。

といってもwordpressでは Tiny MCE Advance をインストールして機能を拡張して使ってたんですが、Movabletypeでもエディタ用のプラグインがないか探してみました。

Extend TinyMCE

おお、これ正にwordpressの使い勝手に限りなく近づけてくれるプラグインです。

主な追加機能は

  • テーブル機能
  • スタイル付け機能
  • テンプレート機能
  • フォントサイズ指定機能

だそうです。

先日書いた GoogleMapsCustomFields プラグインの記事ですが、googlemapを表示する際に毎回タグを書く必要があったので、テンプレートの登録して、googlemapを簡単に記事に挿入できるようにしました。

どんどん使い勝手が良くなて行く Movabletype

しばらくはカスタマイズで楽しめそうです。

mteval モディファイア を使ってGooleMapを表示する

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もMovableを弄ってます。

GoogleMapsCustomFieldsを使って、googlemapが表示できるようにはなったけど、テンプレートに書くので、毎回記事に表示されるようになってしまった。
GooleMapはお店の紹介などで使用し、普通の記事には使用しないのでコレではマズイ。

そこで、wordpressのように簡単に埋め込めるやり方はないかと調べたら、便利な機能があった

MT5 mteval モディファイア

コレを使うと記事内でもテンプレートタグが使えるようになるらしい。

記事詳細のテンプレートに

  1. <MTEntryBody mteval="1">  
  2. <MTEntryMore mteval="1">

を早速設定

そして GoogleMapsCustomFields のタグを記入すると無事に表示されました。

東京スカイツリーの地図が表示されてますか?

ちなみに 東京スカイツリーは GoogleMapsCustomFields の住所のテキストフォームに名前を入力しただけで表示されました。

有名なプレイスポットは住所で検索しなくても大丈夫そうです。

Movabletype面白くなって来ました。
折角なんで何か実用的なことに利用したいですね。

MT5をSQLite環境で動かすとテンプレートタグに大文字を使うとエラーになる

| コメント(0) | トラックバック(0)

movable_type.jpg

GoogleMapsCustomFields を設定している時に遭遇したエラー

調べたらmovabletypeのよくある質問に答えがありました。

Q. カスタムフィールドのテンプレートタグを使うと、再構築でエラーが発生する

やっぱり推奨環境じゃないといろいろな不具合が出てきますね。

MySQLに移行はしたいんだけど、今使ってるサーバーがデータベースの数に制限があるのでテスト的に使うのは嫌なんですよ

SQLite環境だとデータベース数を消費しないし、サーバー移行も楽そうでいいんだけど

GoogleMapsCustomFieldsでgooleマップを埋め込む

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もmovabletypeを弄ってます

今日はプラグインのご紹介

mt5で簡単にgoogleマップをウェブページや記事に埋め込める GoogleMapsCustomFields

これ、ほんとうに簡単

プラグインをFTPでアップロードしてカスタムフィールドの新規作成で「種類」に「googleマップ」を選択する

カスタムフィールドのテンプレートタグ名を例えば「googlemap」とした場合、ブログ記事に表示したいならテンプレートのブログ記事に

<mt:EntryGMapBlock>
    <$mt:GMapCFWebElements$>
</mt:EntryGMapBlock>

と追加してやる

※2013.01.14修正
 コレだと記事に必ず表示されるので記事の本文に埋め込む形に修正しました

mteval モディファイア を使ってGooleMapを表示する

あとはブログ記事で、表示オプションで作成したgoogleマップのカスタムフィールドを表示するようにチェックして、作成したカスタムフィールドに住所を入力するだけ

これで簡単にgoogleマップを埋め込めます。

こんな感じです。

少しずつmovabletypeに慣れて来ました。

タグクラウドはSEOに効くらしい

| コメント(0) | トラックバック(0)

1165440_seo_3.jpg今日もmovabletype弄ってます。

mt5の情報を調べていたらこんなページを発見

タグクラウドを使えばWEBサイト立ち上げ時のSEO強化につながる

知らなかった

道理でみんなタグクラウドをサイトに表示させてるんだね。

ウチも早速設定

どんな効果が出るかな?楽しみ。

ただ、上記のサイトによると記事が増えてくるとウェブマスターツールで「重複するディスクリプション」の警告が出るらしい。
これはテンプレートの改修が必要らしいが、まだまだ使い方が慣れてないのでいずれまた。

mt5でsitemap.xmlを自動的に作成する

| コメント(0) | トラックバック(0)

1287371_seo_2.jpgまだまだmovabletypeになれない日が続いてます。

今日はsitemap.xmlの作成について。

wordpressではGoogle XML Sitemaps っていう便利なプラグインでsitemap.xmlの作成とgoogleウェブツールへの送信を自動的にやってくれますが、movabletypeではないようなのでいつもの様にググって見ました。

参考にしたのは下記のブログ様

カウスの水先案内人-MT5 sitemap.xmlの自動生成

コチラに掲載されているタグをテンプレートへコピペして保存・再構築

googleウェブマスターツールでサイトマップのテストをして確認OK

無事にsitemap.xmlが作成されました。

movabletype やっぱり面倒くさい

MT5で日時指定を機能させる

| コメント(0) | トラックバック(0)

MT5.2をインストールしてから数日

日時指定をしても投稿されない

ググってみると日時指定をするだけじゃダメということが発覚

早速設定してみる

参考にさせてもらったページ

http://afirieito1000.blog105.fc2.com/blog-entry-26.html

サーバのcron設定が必要みたいです

使っているサーバはxserver

xserverのserverpanelへログインしてcronの追加

設定は

分 0
日 *
月 *
曜日 *

コマンドに cd /home/サーバのID/ドメイン名/public_html/サブドメイン名/mt/; ./tools/run-periodic-tasks

を入力して保存

毎時00分に実行されるように設定ました。

wordpressなら簡単なのにmovabletypeは面倒くさいね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちmovabletypeカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアフィリエイトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。